切り抜きチャンネルを収益化する期間はどのくらい?実際にかかった期間を公開!

編集者

こんにちは!編集者のきりきです!

普段は副業でVtuberの切り抜きチャンネルを運営しています。

今回は切り抜きチャンネルを収益化するには

実際にどのくらいの期間が必要なのか?

実際に収益化したチャンネルの期間も一緒に解説していこうと思います!

切り抜きチャンネル収益化までの期間

まずYouTubeチャンネルを収益化させるには以下の要件を満たす必要があります。

収益化条件
  • 4000時間再生
  • 登録者1000人

では実際に私の切り抜きチャンネルはどのくらいで収益化できたかというと

結論、約4カ月で登録者1000人達成して収益化に成功しました。

4000時間再生の方は割と早めに達成できました、10万再生の動画を1本作れれば余裕かと思います。

5月に切り抜きチャンネルを始めて7月には登録者500人

7月~9月で1000人、本格的に収益化できたのは10月からです。

大体1ヶ月で250人増えた計算ですね。

しかし今からホロライブやにじさんじなどの大手を切り抜いても

このように4ヶ月で収益化は難しいと思います。

私が収益化できた理由は「必ず勝てる領域」で勝負したからに尽きます。

どのジャンルで切り抜きチャンネルをやれば伸びるかは下の記事で詳しく解説しています。

収益化に成功した方法を記事でまとめました

収益化できる期間は個人差あり

先ほども触れましたがやはり今から大手箱の切り抜きをするのは

趣味でやるなら構いませんが収益化したいとなると難しいと思います。

理由は簡単で既に他の人がやってるから。

私も趣味が配信を見る事で、もちろん他の切り抜きチャンネルも登録しているのですが

視聴者にとって切り抜きチャンネルは1つか2つあれば大体の事が分かりますし

登録しすぎると多すぎて分かりづらくなります。

なのでYouTubeのおすすめに乗り運良く動画がバズっても中々登録者は増えません。

ただ後発組でも可能性はゼロではありません。

編集技術やサムネイルの工夫などによっては、後発でも登録者1万人越えの切り抜きチャンネルを作れた事例もあります。

まとめ

結論
  • 私の場合は4ヶ月で収益化
  • 切り抜く配信者によっては難しい

後発組でも何かしらの差別化ができれば収益化も夢ではありません。

仮に収益化までいかずに断念しても編集スキルは残ります。

ただ今から初心者が何も考えず切り抜きチャンネルを始めても収益化ラインに届かずに終わる可能性が高いので

私が実際に収益化に成功した運営方法を是非、みなさんには読んでみてほしいです!

詳しくは下の記事で解説しているので是非読んでみてください!