【仕事効率化】ショートカットキーを覚えて効率を爆上げしましょう!

空井

こんにちは、ブログ管理人の空井ゆう(@yuu_aira8025)と申します!

今回はパソコンを使う上で知っていたら便利なショートカットキーを紹介します。

もう一般常識でしょと思われるものから、使いこなせたら超効率アップできる

ショートカットキーまで紹介するので是非、ご自身で使いこなせるよう試してみてください!

(動作環境はWindow10となります。)

覚えとくと超便利なショートカットキー

上書き保存

Ctrl + S

元に戻す

Ctrl + Z

コピー

Ctrl + C

貼り付け

Ctrl + V

全てを選択

Ctrl + A

切り取る

Ctrl + X

ここまではデータを入力することが多い仕事の人、資料を作成する人など

とにかくパソコンを使って仕事する人にとって覚えておくと超便利なショートカットです。

慣れてくると「Ctrl + A」→「 Ctrl + C」→「 Ctrl + V」で全選択コピー&ペーストができます。

右クリックでもできますがショートカット使った方が楽だし時短ですね。

覚えとくと超便利なショートカットキー(ブラウザ編)

新しいタブを開く(ブラウザ)

Ctrl + T

右隣のタブに移動

Ctrl + Tab

左隣のタブに移動

Ctrl + Shift + Tab

慣れるまではマウスで操作した方が早いかもしれませんが

このショートカットに慣れておくと、すぐにタイピングできるので非常に効率的です。

タブを閉じる(ブラウザ)

Ctrl + W

進む(ブラウザ)

Alt + →

戻る(ブラウザ)

Alt + ←

ウィンドウを閉じる

Alt + F4

最後のAlt + F4はブラウザでなくても、Excelやメモ帳など他のアプリケーションでも使えますね。

ネットサーフィンならマウス使ってても問題ないと思いますが、

仕事で情報収集するのが仕事だったり記事作成するライターさんなどは

「Ctrl + T」→ キーワード検索とスムーズに検索できるので、覚えておくと便利です。

覚えとくと効率アップなショートカットキー

最大化

Windows + ↑

最小化

Windows + ↓

最大画面で表示している場合は、1回目は画面が小さくなって2回目に最小化になります。

ウィンドウを右半分に

Windows + →

ウィンドウを左半分に

Windows + ←

画面を2分割したい時に本当に便利です。

データを見比べたい、このページを参考にしたいという時にウィンドウを切り替える必要もなく

ウィンドウを小さくして、もう1つのウィンドウも小さくしてマウスで動かして…

という面倒な作業が一瞬で解決します。

ウィンドウを切り替える

Alt + Tab

Altから手を離すと選択されているウィンドウが自動的に切り替わります。

ウィンドウの数が多くなった時、このショートカット覚えておくとかなり便利。

私が仕事してる時に1番多く使うショートカットかも。

ウィンドウを切り替える

Windows + Tab

こちらでもウィンドウを切り替えることが可能です。

Alt + Tabの違いはキーボードから手を離しても選択画面のまま。

新しい仮想デスクトップを開く

Windows + Ctrl + D

次の仮想デスクトップに移動

Windows + Ctrl + →

前の仮想デスクトップに移動

Windows + Ctrl + ← 

仮想デスクトップを閉じる

Windows + Ctrl + F4

仮想デスクトップは2分割してもまだ見たいデータがある場合に便利です。

頑張れば3分割もできるのですが、画面が非常に小さくなってしまいデータは見づらいと思います。

この場合は仮想デスクトップを開いて全画面で表示してデータを見ましょう。

まぁ正直あまり使ったことは無いですが…

デスクトップ画面を表示する

Windows + D

開いているウィンドウが多くなった時に一瞬でデスクトップを表示してくれます。

もう最小化するのもだるい時にすごくオススメ。

エクスプローラーを表示する

Windows + E

フォルダはよく使うと思うので画面下のタスクバーにピン留めしてる人も多いですが

これ使うとマウス動かさなくても起動できるので効率良いですよね。

設定画面を開く

Windows + I  

ファイル名を変更

F2

ファイルの名前を変えたいときにそのファイルを選んで右クリックして「名前を変更」

という作業をこのF2だけで変更できるので覚えておくと本当に便利。

ロック画面にする

Windows + L

仕事ではセキュリティ上、席を離れる時は必ずロック画面にするよう言われてました。

ノートパソコンなら閉じれば良いですが、デスクトップの場合はそうもいかないので

このショートカットは防犯にも役立ちますね。

Excelで使えるショートカットキー

編集モード

F2

Excelだとセルを選んでダブルクリックしなと文字を編集できませんが

F2を押すだけで文字が編集できます。

ダブルクリックしなくて済むのはありがたいの一言。

今日の日付を入力

Ctrl + ;

時刻を入力

Ctrl + :

もしExcelで日付と現在の時刻を入力する必要がある時は、この2つのショートカットを使ってください。

時刻はともかく日付はよく使うと思いますので、覚えておくとかなり便利です。

次のシートに移動

Ctrl + PageDown

前のシートに移動

Ctrl + PageUp

まとめ(これだけ覚えれば大丈夫)

空井

ここまで長々と紹介してきましたが、最後に本当によく使うショートカットだけまとめます。

まだショートカットを使ったこと無い人は是非、効率アップを目指し覚えて使ってみましょう!

よく使うショートカット
  • 上書き保存:Ctrl + S
  • 元に戻す:Ctrl + Z
  • 全てを選択:Ctrl + A
  • コピー:Ctrl + C
  • 貼り付け:Ctrl + V
  • ウィンドウを閉じる:Alt + F4
  • ウィンドウを切り替える:Alt + Tab
  • デスクトップを表示する:Windows + D
  • ウィンドウを右半分に(2分割):Windows + →
  • ウィンドウを左半分に(2分割):Windows + ←
  • ファイル名を変更:F2